TAG

例文

  • 2018年12月29日
  • 2021年1月18日
  • 0件

結婚式のスピーチを頼まれた時の大切な③つのポイント

新郎新婦から突然、結婚式のスピーチを頼まれた。 「人前で話す自信がない。」「初めてでどうしていいかわからない。」 と、不安と緊張で何をしていいかわからない。これならいっそ断ろうかと思っているあなた。 今回紹介する3つのポイントを知っておけば、きっと大丈夫。あなたらしいスピーチをして、新郎新婦の新しい旅立ちをお祝いしましょう。 新郎新婦をお祝いするという気持ちが重要 結婚式のスピーチの役目は、新郎新 […]

  • 2018年5月13日
  • 2021年1月18日
  • 0件

新郎の父の挨拶(謝辞)の原稿の構成と例文

結婚披露宴でそのまま使える例文集(父親編) 両家の挨拶(謝辞)の原稿の構成 披露宴が盛り上がり、両親への手紙・花束贈呈が終わると、式を締めくくる挨拶、両家代表の挨拶(祝辞)を迎えます。両家の挨拶は、一般的に新郎の父が行うことになります。 式を締めくくる重要な挨拶なので、事前に原稿を作成し、入念な準備が必要です。 文章のバランスを考えよう。 文章の構成は、「導入」「本文」「結びの言葉」の3つのパート […]

  • 2018年5月10日
  • 2021年1月18日
  • 0件

新郎の締めの挨拶「謝辞」の構成と例文集

披露宴の感謝のあいさつ「謝辞」のポイント ここは抑えよう!謝辞の5つのポイント ポイント①2~3分ぐらいの内容「600文字から800文字程度」が目安 一般的な謝辞における時間は、新郎だけなら約2~3分ぐらいを目安に考えましょう。文字数にすると、「600文字から800文字」までに考えましょう。原稿が出来たら実際に読んでみて、時間を計ってみましょう。あまり長くなるようなら文章や読み方を考えて調整してみ […]

  • 2018年5月5日
  • 2021年1月18日
  • 0件

感動する! 花嫁の手紙の「書き方」とそのまま使える「例文」

組み合わせて使える! 導入・展開・結びの3部構成で考える。 披露宴で読まれる「花嫁の手紙」の文章は、書き出し部分の「導入」、エピソードをを盛り込む「展開」、手紙の締めとしての「結び」の3部構成で作成します。 今回は、「導入」「結び」それぞれにいくつかのパターンで、例文を紹介しているので、それぞれの例文から自分のイメージに近いものを選び、その「導入」と「結び」の間にエピソードを交えた「展開」を挟み、 […]

  • 2018年2月24日
  • 2018年8月26日
  • 0件

職場に結婚報告をしよう。 そのタイミングと「上司」「同僚」への伝え方の例文

報告は3か月までに 退職する場合は「退職願」を提出する。 職場への結婚報告は、結婚の日取りが決定しだいなるべく早急に行いましょう。結婚やハネムーンで長期休暇を取るかもしれないため、遅くとも結婚式3か月前までに報告を済ませます。退職する場合は、後任に仕事の引継ぎがあるため、上司と相談して退職の手続きを進めましょう。退社の一か月前までには「退職届」を提出します。 結婚報告は直属の上司から行いましょう。 […]